神戸市中央区 行政書士

古物商許可

.


古物営業とは
リサイクルショップや古着屋さんだけでなく中古品(新古品も含む)を取り扱う可能性があれば必要になります。

委託販売の場合は、純粋に古物の売買は行っていませんが、手数料などで帳簿上金銭の動きがあれば、古物の免許が必要であるという警察(公安委員会)の見解です。

古物とは

  • 一度使用された物品。
  • 新品でも、使用のために取引されたもの(俗に言う新古品)。
  • これらの物品に何らかの手入れをした物。

お仕事を始めようとされる方は一度ご相談ください。
お問い合わせはこちらへ

TO TOP
[EOF]